Beautiful Japan 絵空事 bjjapan.exblog.jp

日々徒然に思いつくままを・・・MISAKOの独り言です。


by beautifuljapan
プロフィールを見る
画像一覧

<   2006年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

俺達の旅

のなかの挿入歌だったでしょうか・・・・・・好きだったな~・・・

c0067206_17224546.jpg


雅俊さんも・・・好きだったな~・・・・・・・

今日は主人のお医者さんめぐり~
歯医者・・・この前主人がガムを食べていたら・・・三連のブリッジがついてきた~・・・
そのブリッジに歯のかけらも・・・(-_-;)

手と足が少ししびれるので首と腰のMRIとレントゲンを撮ったら・・・ヘルニアは大丈夫のよう・・・はぁ~一安心・・・
まあ・・・抗癌剤の副作用ということで・・・なんとなく・・・ホッとしたような・・・ホッとすることでもないけれど(笑)

友達の家に行ったら・・・ワン子が最近お見合いをしたらしい・・・・・・
でもダメだったよう・・・14キロもありながら相手の男の子を完全拒否したよう・・・(*^m^*)

「生まれたら・・・○○に見せて・・・有無を言わさず貰ってもらおうと思ったのに~」と・・・
あ~・・・よかった~(^_^; アハハ…

でも・・・もう一度・・・チャレンジするらしい・・・また・・・無視してよね・・・チコ~~~~(笑)
by beautifuljapan | 2006-07-31 17:31

苔って・・・


c0067206_177673.jpg
流されてしまうものなのですね・・・・・・
八千穂の渓流の苔・・・流されて壊滅状態のようです・・・・・・(><゛),

長野はすごい雨でしたもんね・・・・・・・

でも・・・ネムの木の写メが・・・ボケボケだけど・・・素敵なような・・・
・・・・ヤバイ・・・私の写真はもう使えない・・・(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(-_-;)

さっき・・・友達から冷凍クール便が届きました~・・・。
なんと生クリーム大福!!!たくさんあるから・・・食べちゃった~・・・

おいしい~~~~♪♪♪コーヒーによくあうんだなぁこれがっ(*^∇^*)

最近毎日・・・いろいろなものが届く・・・お中元・・・・・・・

^( ̄(●●) ̄)^さんにならないようにきぃつけよぅ、、、、、ブーブー

主人のことでお世話になったので・・・送ったのに・・・返って気を使わせてしまったみたいで・・・・・・
by beautifuljapan | 2006-07-30 17:02
15枚も・・・冬と春の写真が・・・♪((o(*^^*)o))~♪♪♪

その中でも素晴らしかったのが・・・白糸の滝の写真でした・・・・・・。
2年越しでやっと撮れた1枚・・・PCで見るより遥かに素晴らしかった・・・・・。

幾重にも流れ落ちる滝・・・闇の飛沫に包まれて・・・空には満天の星が舞う・・・・・。
流れる滝の表情が・・・それぞれにいろいろな顔を持つ・・・・・・
透明のビニールの袋からプリントを出す瞬間・・・思わず力が入ってしまって・・・指紋がひとつついちゃったぁ~(*≧∇≦*)

PCではほとんど見えなかった星が・・・プリントには写りこんでいて・・・空にはこんなに星があるのかと再認識してしまいました・・・♪
今までの苦労話を思い出しながら・・・・・・・・じっとじっと見つめてしまいました・・・・・・・・。
たった1枚の写真を撮るために・・・・2年も・・・完成するまでには3年・・・今年完成するのなら・・・・・・・。

私の知らなかった世界がそこにはありました・・・・・・・・
いつか・・・・ギャラリーで・・・・畳1枚分くらいの大きさの・・・・・完成されたこの写真・・・・・とても見てみたいです・・・・・・・。

これ・・・・・・夢ですね~・・・・・・・・(' ' ;)。。ooO○

夢は・・・ずっと思いつづければ叶うって・・・誰かさんが言っていたかな~(笑)
お願いしますよぅ~~~~~(σσ)⌒☆



それにしてもコメントは・・・災いの元かも・・・うぅ~自粛自粛~・・(*^.^ ごめんね~
by beautifuljapan | 2006-07-29 13:54 | 写真展・美術館・アート
c0067206_1315557.jpg

暑かった~・・・本当に暑かった・・・太陽の光が肌に刺さるよう(^^ゞ
ママさんパパさんにいく?と聞いたらもちろんと答えたので一緒に連れて行った。
入場券を買ってきてくれたので受け取って入ろうと思ったのですが、そう言えばパパさん身体障害者4級の手帳見せた?と聞いたら見せてないと・・・見せてみたらと言って窓口まで行ったら・・・2人分半額になった~・・・こんなに元気なのにいいのかなと思いながら・・・。

目にも眩しいみどりの広い芝の上を歩いていたら・・・竹馬が・・・目に付いた~・・・懐かしい~・・・(*^^*)
はじめは控えめに30cmくらいのにのってみた・・・できた~♪
今度は70cmのくらいに乗ろうと思ったのですが・・・さすがに地面からのるのはムリかなと・・・
見回してみると、ちょうどいい椅子が・・・☆彡
なかなか高いところから見下ろす風景はいいものです♪
この竹馬と言うのが・・・本当に竹で作ってあるのでちと重いですが・・・芝の上を竹馬で歩いたのも初めて・・・なんだかきもちがよかったですよ~♪^^
小さい時は狭い店の中を竹馬で歩いていたので・・・しかも1mくらいの高さのを(笑)
この年になってまだ乗れたのがうれしかったな~^^

主人も・・・挑戦してたけど・・・こっぱしてました・・・(-_-;)
しかも最後に・・・後ろに倒れて・・・ドロだらけ・・・手とお尻を打ってどうなる事かと思いましたが・・・。
だいたい・・・重心は前に持ってこないと無理だと思う・・・(-.-*)ボソッ
昔は乗れたと言ってましたが・・・つま先がしびれて・・・力が入らないと・・・確かにつま先に力が入らないとムリなんですよね・・・。
「さ~あ・・・温泉はいってこ~」と去っていった・・・ちょうどよかったかも着替え持ってきたしぃ(笑)

私は・・・コラボの花を撮るぞ~と・・・意気込んで・・・それにしても倒れそうな暑さでした(笑)
風があるので・・・風が止まるのを待っていたら・・・なんだか自分がステーキにでもなったような気さえしました(^^ゞ

干物になるかなと思った時・・・ママさんが向こうからかき氷を持ってやってきてくれて・・・なんだか生き返った気がしました(笑)

最後に・・・田んぼの中に1本のネムの木を見つけました♪
これだけは撮っておこうと・・・リュックと三脚を持って・・・そしたら・・・
なんだか木まで行く道に針金のようなものが2本田んぼの周りにはってある・・・
「電流が通っています。感電に注意!」と・・・。
あきらめようかな~と思っ時にパパさんがやってきて・・・またげばいいだろ~ひっかかるなよと・・・。

無事通過できて・・・ネムの花を撮ろうと思ったのですが・・・ちょっと終わりがけで・・・今日は青空に咲くねむの木を撮ってみました!
うまく撮れてるかなぁ♪(*^^* ポッ

でも・・・あの電流はなんなのだろう・・・?
動物よけでしょうか・・・人間よけでしょうか(笑)
by beautifuljapan | 2006-07-26 23:12 |

岐阜県養老の滝へ

行く途中で・・・出あった風景です♪
ひとり・・・ぽつんと咲いていた紫陽花・・・
c0067206_17394944.jpg

ヒメオウギスイセンのオレンジ色は・・・本当に綺麗だな~・・・♪(*^^* ポッ
c0067206_1740221.jpg

紫陽花の花言葉は・・・ふたつ・・・・・・

―アジサイは、咲き始めからだんだんと花の色を変えることから、移り気な花と呼ばれていますが、これは心変わりからではなく、美しくなるための試行錯誤のような気がします。
現に、いちど地面に根を張ったアジサイは、冬の間は枯れたように見えながら、春になると再び、強い生命力で新芽を伸ばし、緑の葉を広げます。そしてその花たちは、日々美しくなるために色を変え、それでも満足せずに、また、色を変えていくのです。
そんなアジサイの中に、シーボルトは、つかの間の愛人として生きた「お滝さん」の姿を重ね合わせたのでしょうか。

 名前だけを連れて帰ったシーボルト。
「人の心をごまかすように 七つのおたくさ紫陽花は オランダさんの置き忘れ……」

と、長崎を舞台に、お滝さんをうたった悲しげな曲が残ります。いつもその身を雫でいっぱいにしている印象が強いアジサイ。お滝さんのことをうたった悲しげな曲を思い出すと、その雫は彼女の涙にも見えてきてしまいます。水が大好きで、人(?)一倍水を吸収するアジサイらしい話でもありますね。
そんな彼女の面影を残すアジサイの花ことばは「ひたむきな愛情」です。
古来より、アジサイの花を乾かし煎じて飲むと、解熱作用があるといわれています。好きな人に想いをこめて贈れば、なにかいい結果がでるかもしれませんね。―
            (「花ことば物語」(こうむら・ゆみか 西東社 1994)より)

―花ことばは、”高慢”です。梅雨のころ、しめやかな雨に濡れて咲いているこの花に、どうしてこんな花ことばがついていたのか、わたくしにはわかりません。あじさいは、咲きはじめから、満々と咲ききってしまうまでに、少しずつ色を変えていきます。
また咲ききった後、花びらを散らしもせず、色を失ってしまうまでじっと何かに耐えているようです。
そんな姿に、少女から娘に、娘から女に、女から母に、母から白髪のおばあさんにと、ひとつの時代を生きる女の姿を重ねてみるのです。―

          (「花ことば物語」(鈴木美智子 カラーブックス 保育社)より)

「移り気」「無情」なんていうのもありますね。。。

いったいどちらなんでしょう・・・あまりにも両極端・・・・・・・(・・?)
by beautifuljapan | 2006-07-24 17:45 |

松之山の旅館

6月松之山には3泊しました♪
最後の日の料理を・・・・・・・
c0067206_14333189.jpg

毛蟹に・・・お刺身・・・牛肉・・・山菜なんだかもう・・・なんでもござれと言う食事!!!
c0067206_14343324.jpg

あ~・・・お腹がいっぱい~~~と言いながら、出てきた鮎にかぶりつく・・・ハマグリのお吸い物まで・・・天ぷらもあったけど撮っている間もなくなくなった・・・
c0067206_14324017.jpg

女将さん~・・・もうお腹がいっぱいで・・・ご飯が一杯しか食べれない~と言ったら・・・笑われた。。。でもお櫃のごはんはかなり減ったかもぅ~(-_-;)
十分ですよね・・・普通の人は・・・おかずも食べきれないでしょうね・・・
c0067206_14325078.jpg

最後のこのメロンも・・・めちゃあまで美味しかった~・・・
もう~・・・お腹が・・・パンクしそうな夜でした・・・
こんなお宿を・・・教えてくださった○○さん・・・感謝♪♪♪(*^^*)

女将さんが・・・5月に私たちのこと噂してたのよ~って・・・そしたら予約のメールがきたって・・・。
だからかな~・・・すごいご馳走・・・9千円の宿代とは思えない・・・・
去年は、「抗癌剤の治療が終って・・・ゆっくりさせて~・・・」と、
女将さんは女将さんで「地震で・・・からだの調子が悪くて・・・もうね~・・・疲れちゃって~・・・お客さんがこなくて」と・・・お互い沈みまくっていたのだけれど・・・

でも今年は・・・お互い元気一杯だった~去年はなんだったんだろうと思うほど(爆)

ご飯持ってきてくれるのはいいけれど・・・一度持ってくる度にかる~く15分くらいはお話タイム(笑)
今回はさげる時には1時間近く・・・でも・・・楽しかった・・・元気な女将さんの顔も見れたし♪♪♪
それが一番の収穫でした(*^^* ポッ
c0067206_1433091.jpg

これは松代の峠の棚田を撮る人々・・・平日なのに・・・バスも来ていた・・・まだ周りにはたくさん撮っている人がいます・・・。
こんなに観光化されてしまったなんて・・・ちょっと寂しいかもしれません。。。(-.-*)ボソッ

今日は梅雨の晴れ間で洗濯掃除日和・・・必死です!!!!!!!ダッシュ!!≡≡≡ヘ(* ̄. ̄)ノ
by beautifuljapan | 2006-07-22 14:33 | 宿

養老館

この前、竹の写真を撮りに行こうと泊まった宿です。
竹のある空間がなんとも言えずにおしゃれで・・・静かな時間を過ごせました・・・泊まっていたのは私たち一組だけでした・・・(笑)
竹林があるのかと思ったのですが・・・あるにはあったのですがマムシが子を持つ時なので気が立っているということで・・・入れませんでした。
でも、途中に綺麗な竹林がたくさんあったのでそこで撮ろうと考えていましたが・・・よかったその話を聞いて・・・黒ヘビと言うのもいるらしいです・・・。

c0067206_1163396.jpg
c0067206_1164388.jpg


夜はすごい風が吹いて・・・風は唸る・・・竹はぶつかり・・・夜中と朝・・・窓を開け放して必死で撮影していたのに・・・風に邪魔されてしまいました・・・。

台風のような風なのですが・・・窓を開けても吹き込んではこなくて・・・
とても幻想的な音を聞いた夜でした・・・。
揺れる闇の中の竹の葉は・・・とても妖艶で・・・・・・・
by beautifuljapan | 2006-07-20 11:06 | 宿